【沖縄】NGO「かけがえのない生物多様性を守れ」、辺野古移設反対で共同声明 → ネット民「だったら那覇空港の拡張工事にも抗議しろよ」と総ツッコミwwwww

転載元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1427510384/
1: Hola! ★ 2015/03/28(土) 11:39:44.85 ID:???*.net
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する非政府組織(NGO)などが25日、東京都内で記者会見し「かけがえのない生物多様性を守るため、作業の中止を求める」との共同声明を発表した。

声明は、環境や平和問題に取り組むNGOなど国内外の約30団体の連名。会見した日本自然保護協会(東京都)の 安部真理子(あべ・まりこ) 氏は「沖縄には、基地より世界自然遺産がふさわしい」と述べた。

http://www.47news.jp/47topics/e/263559.php


1_1


  続きを読む ▼

  共産党、道徳教科化に反対 「正直で明るい心、決まりを守る、公共の精神」など押し付けは戦争に向かう

転載元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1427525670/
1: チキンウィングフェースロック(宮城県)@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 15:54:30.26 ID:LpvuenX90●.net
文部科学省は27日付の官報で、「道徳」を新たな教科とし、教える内容を示した改定学習指導要領を告示しました。教科化は、小学校が2018年4月から、中学校が19年4月からとし、今年4月から教材の使用も含めて前倒し実施できる措置も告示しました。教科書作製の指針となる新指導要領の解説書と検定基準の策定を夏ごろまでに行う構えです。

新指導要領では、道徳を「特別の教科」とし、国の基準に沿った検定教科書を使い、数値ではなく文章で表記する形で評価を行うことを定めています。指導内容を道徳だけでなく各教科や学校教育の全般にわたって実施するよう求めています。

教育内容として、「正直に明るい心で生活」(小3、4年)など成長過程を無視した一方的な押し付けや、「約束や社会のきまりの意義を理解し、それらを守る」(同)など既存ルールに無条件に従うよう教える内容です。

基本的人権の尊重という観点より、「公共の精神をもってよりよい社会の実現に努める」(中学校)などと「公共の精神」を強調。小学1年から「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着をもつ」とするなど偏狭な「愛国心」を押し付ける危険性を抱えています。

改定で寄せられた意見公募は5993件。「価値観や規範意識の押し付けにつながる」「戦前の道徳教育に対する総括や反省がない」「偏狭なナショナリズムにつながる」などの意見が寄せられました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-28/2015032802_02_1.html



  続きを読む ▼

  朝鮮日報「日本で韓国公館が放火された。日本に広まる嫌韓感情は病的レベルで深刻だ」

転載元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1427514330/
1: ◆sRJYpneS5Y 2015/03/28(土)12:45:30 ID:???
【社説】韓国文化院放火事件、今こそ日本国民と対話を

今月26日午後11時55分ごろ、日本の東京都内にある韓国文化院が何者かにより放火される事件が発生した。幸い被害は建物の外壁が焦げ付く程度で済んだが、この事件は日本国内における嫌韓感情が非常に高まっている中、日本国内にある韓国の公館を直接狙ったものという点で軽く見過ごすわけにはいかない。

ここ数年における日本での嫌韓感情の高まりは、韓国人や韓国文化を公然と侮辱し、時には暴力的な行動に出る段階にまで至っている。韓国を露骨に嘲弄する書籍や漫画が書店に数多く並び、数百あるいは数千人規模の集会で太極旗(韓国の国旗)を踏みつけるパフォーマンスまで行われている。また最近は在日韓国人が経営する商店などに乱入し、物理的に営業を妨害するといったケースも決して珍しくない。そのような中、今回の放火事件はまさに病的レベルに達した嫌韓感情の現状をまざまざと見せつけるものだった。

この問題がこれまで以上に深刻に受け取るべき理由は、嫌韓感情が今や日本の活動家だけの次元にとどまらず、一般人の間にまで広まりつつあるからだ。日本の内閣府による調査によると「韓国に対して親近感はない」という回答は2011年には36.7%だったのが、昨年はその2倍近い66.4%に達した。一部の過激な人間が起こす放火事件よりも、このように日本国民全体に広まる感情の方がはるかに深刻な問題だ。

(略)

安倍首相は27日、今後韓日首脳会談が行われる見通しについて「会うとか会わないということ自体を交渉のカードにすることは望ましくない」「これが私の交渉に臨む姿勢だ」と発言した。以前は国際会議などで朴大統領について回るように会談を求めていたが、今ではその考えも大きく変わったと言わざるを得ない。安倍首相は来月29日に日本の首相としてはじめて、米国の上下院合同の演説を行うことになっているが、この事実からも、もはや韓国など眼中にないかのようなごう慢ささえ感じられる。そのため安倍政権に対抗するという意味合いからも、日本国民に改めて理解を求めることは、韓国にとって一層重要な課題として浮上してきたのだ。

全文 朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/28/2015032800589.html


1_1


  続きを読む ▼

  【東京】子どもの声、騒音規制から除外…条例改正、来月施行

転載元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1427495313/
1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ 2015/03/28(土) 07:28:33.96 ID:???*.net
保育所や公園での子どもの声を騒音の数値規制の対象外とする東京都環境確保条例の改正案が二十七日の都議会本会議で全会一致で可決された。四月一日から施行される。

対象外とするのは、小学校就学前の子どもと、一緒にいる親や保育士ら。保育所や幼稚園、児童館、公園などで出される声をはじめ、足音や遊具、楽器の音を除外する。保育所に設置した室外機の音や送迎時の親の声は、現行通り規制対象とする。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015032802000135.html


1_1


  続きを読む ▼

  【社会】自撮り棒が観光地でトラブルのもとに…動物園の柵に入れる人も

転載元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1427492784/
1: くじら1号 ★ 2015/03/28(土) 06:46:24.59 ID:???*.net
金属棒の先端にスマートフォンを取り付け自分たちの姿をパシャリ──最近、観光地などでよく見かける光景だ。が、同時にあちこちでトラブルを巻き起こしている。

京都は春の観光シーズンを迎え、例年のように卒業旅行の学生やシニア観光客で連日ごった返している。そこに異変が起きているという。ベテランバスガイドが苦い顔で語る。

「この時期、有名な神社仏閣だと休日はもちろん、平日でもかなり混雑します。そんな中で『自撮り棒』が何本も人混みの中から伸びているのは、今年初めて見る光景です。撮っている本人は写真に夢中ですから、周囲が目に入らず、群衆の中で振り回す。とても危険ですね」

記者が清水寺を訪れると、狭い舞台の上に観光客がごった返している中、ざっと20本以上の自撮り棒が見えた。少しでも美しい背景の前で写ろうと、舞台の端ギリギリで自撮り棒が右に左に振り回される。目の前で、1本の棒が別の観光客の頭を直撃した。

同様の光景は全国各地で見られる。渋谷駅前のスクランブル交差点では、自撮り棒を持った20代と思しきカップルが動画モードにしたスマホを高く掲げ、自らを俯瞰で撮影。カメラ目線で上を見ながらスクランブル交差点を渡り出すと、対向してきた人と危うくぶつかりそうに。それに気づかずに歩き続けると、今度は歩きスマホの人と正面衝突。

自撮り棒が、今度はトラブルの原因になっているわけだ。20代男性が憤る。

「友達と居酒屋で飲んでいたら、隣のテーブルに座っていた6人組の若い女性客たちが自撮り棒で記念撮影を始めました。すると女性グループから『写真に写りこんでジャマなんですけど』と文句をいわれて……。仕方なく身をかがめて写らないようにしてあげましたけど、勝手な言い分ですよね」

自分を撮るばかりが自撮り棒ではない。テーマパークではこんなトラブルが起きている。20代の常連客女性が語る。

「人気キャラクターショーの会場で、ステージが見えないからといって自撮り棒を伸ばして高い位置から動画を撮る人がここ数か月ですごく増えました。先日は後ろから見ている客が“すみません、見えにくいんですけど”といったところ、自撮り棒を使っている人が“禁止されているわけじゃないだろ!”と応じて口論になっていました」

http://news.livedoor.com/article/detail/9937667/


1_1


  続きを読む ▼


相互リンク / 逆アクセス

(PC集計、毎週月曜リセット)

スポンサードリンク

広告スペース

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
広告スペース
アクセスカウンター
今日:
昨日:
累計:

広告スペース

プライバシーポリシー

広告スペース
アンテナ人気記事